VOICE OF VILLAGE - New Arrivals

RSS

Nov 9th, 2016|Nakamura

来ましたね!

IMG_8350.JPG
最近、なんだかモヤモヤしませんか?

実は
昨今の道南って 意外に 日本らしい気候だと思ってます。
今、関東地方へ行くと 昔の日本じゃないような気候じゃないですか?
スコールのようなゲリラ豪雨、35度を超える猛暑、秋でも25度。
亜熱帯気候ですよね?
日本らしい気候って、なんといっても 四季。
この四季のおかげで 料理を食べたり 衣替えをしたり 冬支度をしたりするから こんな自分でも ワリと外国人に比べたら 繊細な方になったりするんですよね?
そんな日本の四季が、道南なら 温暖化のおかげ?で、
日本でもっとも感じられるような地域になったような気がします。
春には四月に桜が咲いて、梅雨もあるし
夏はそれなりに暑くて
秋は紅葉も見られて
冬には雪もちゃんと降る。

それで
最近、秋から冬というわりに
雪が見えないから
降るものが 降らないと モヤモヤ...みたいなことを
FBに書いた途端ですよ。
今朝のドカ雪!
みぞれのような 半端な雪でしたけど
なんだか 落ち着きましたよね?

今朝は 早起きして
自宅から実家、そしてVILLAGEを 雪かき。
IMG_8349.JPG
お客さんも あきらめたかのように 冬物を見に来てたし...
モヤモヤも解決です!笑
IMG_8348.JPG
皆さんもあきらめて 冬の暖か仕様の準備を進めてはいかがでしょう?笑

では!

Nov 8th, 2016|Nakamura

PENDLETON TOWEL(ペンドルトンタオル)

DSC_1852.jpg
今日は 地味に人気上昇を続けてるVILLAGEのLIFE STYLE PRODUCTSの大御所PENDLETON(ペンドルトン)です。
中でも 最近の人気は ウールじゃなくてコットン!
厚手のコットンを使ったチーフジョセフパターンウォッシュタオルです。

IMG_20161108_135643.jpg
PENDLETON チーフジョセフスカルプテッドウォッシュタオルは
トルコのテリータオルを、チーフ・ジョセフ・パターンを織柄で表現しているんです。
なので
アノ由緒ある チーフジョセフパターンだけど 1色で表現してるんで
ネイテイブっぽくならないから、モダンな暮らしの気分にも調和しますよ。
(カラーも豊富だし・・・)

サイズは、ハンドタオル1900円+TAX、フェイスタオル3300円+TAX、バスタオル6200円+TAXの3サイズ。

get well soon...
そりゃ 新築で 全てを一新できたら いいんですが、そうもいかない。
普段の単調になりがちな暮らしに 気に入ったプロダクトを一つ加えるだけで 気分が上る。
花でも緑でも同じですね。
get well soon・・・VILLAGEのLIFE STYLE PRODUCTSは そんなイメージです。
(・・・で、やっぱ 似非じゃなくてホンモノがいいですよ)
こんなタオルで ストレスコントロールできるなら お安いかと・・・汗!
(似非なネイテイブ柄だと、見るたびに 後悔でストレスが・・・笑)

DSC_1849.jpg
いただいたパウチーチップス。(50代にはハードル高いかな?笑)
KALDI・・・巷の話題ですね!

松風町でお待ちしています!
では!

Nov 6th, 2016|Nakamura

PYRENEX(ピレネックス)

FullSizeRender (9).jpg
今年の1月に初めて見て、
今冬から取扱いを開始したPYRENEX(ピレネックス)
今日、第一便が届きました。

IMG_6734.JPG
PYRENEX(ピレネックス)は
フランスのピレネー山脈の麓サン・セベ(Saint-Sever)にて、羽毛を生産する会社と して1859 年に創業。
サン・セベはフォアグラの産地として欧州では有名な地域で、ピレネックス社は創業当時から、DUVETICAのように 食用として処理された鳥の羽毛を用い、掛け布団や枕などの寝具類の生産を続けています。
ピレネー山脈の麓という厳しい気象条件で育ったダックから ピッキングされたダウンは非常に高いフィリングパワーをもち、
保温性の高いダウンが生まれます。
そして1960年代にシュラフなどのキャンプ用品をはじめとする本格的なアパレル製品の生産を始めたピレネックスは、
OEM メーカーとして(アノMブランドや)様々なブランドとタッグを組み、物づくりのノウハウを蓄積し、
1990年代から「PYRENEX」の名を冠したブランドをスタートします。
現在はパリの直営店や百貨店、セレクトショップにコーナーを展開するなど、
フランスを代表するダウンブランドへと大きく発展しています。
現在でも羽毛販売や寝具の生産を続けており、世界的には珍しい原毛から製品までを一貫して自社工場で生産しているダウンの総合メーカーです。(輸入元参照)
2DSC_1833.jpg
2DSC_1833 (2).jpg
1DSC_1830.jpg
1DSC_1830 (2).jpg
1DSC_1830 (3).jpg
プレスでの露出も多いですね。

DSC_1813.jpg
去年まで長年取り扱ってきたCG社の後継ブランドとして
北海道では欠かせないダウンジャケットニーズの一端を
DUVETICAやNANGAやHULTI・・・で後継していこうと思っています。

3DSC_1827.jpg

どうぞ
ご覧ください。

では!


Oct 29th, 2016|Nakamura

WINTER SEASON!!

DSC_1666.jpg
粋な計らいで 31周年に向けて 31個の柿を わざわざ 送っていただきました。
ありがたい!・・・
しかも 元VILLAGEの学生バイトですよ。(もう40代半ばを過ぎてると思うけど)
泣けますね!笑

・・・で、急激に寒くなってきた感じですね。

20年も前なら VILLAGEの中心顧客層も20代だったので
寒い!っていうだけで ダウン・レザー・コート・・・がよく売れたてたな~って思います。

それが最近では・・・
お互いに(笑)40代~50代になってしまったので
寒さっていうよりも 欲しいものを 狙って、たとえ来年の入荷だとしても 焦らないので
去年から頼んだ ダウンやコートの入荷を待って、9月から購入して下さったり
今から 来年の予約をしてくださったり・・・ホントに 大人のセレクトってこんな感じなんですね。

なので
それなりに
DUVETICAやNANGA、MONTGOMERYのコートなんかが9月から入荷しても
そのまま お客様の手に渡ってしまって
店頭に並ぶ数が少ないっていう カッコイイ状態になっています。(笑)

でも
それだけじゃ ドキドキ感が薄いVILLAGEになってしまうので
お客様の想定外のバイイングにも 汗を流していますよ。

DSC_1664.jpg
たとえばこんなリバーシブルのWILDTHINGSだったり

IMG_20161029_112856.jpg
たとえば こんなきれいなオレンジのH.ROBINSONだったり

妄想できますよね?笑

洋服って妄想がすべてかもですね!

DSC_1659.jpg
最近、早朝の時間をつかって 倉庫の整理をしてるんですが
こんな 懐かしいものが出てきました。
90年に 松風町のサンボシ銀座(大門 鮨金総本店の向い)に開店した わずか3坪の小さな店、W.P.Aの看板。
(W.P.AはWildlife protection area鳥獣保護区の略です)

当時は アバクロだとか イーグルやギットマンやセロのシャツに
ニューバランスのフットロッカー別注だとかを売ってました。
後にVILLAGE&CO.っていう店名に変更したので
VILLAGE&COのルーツな店です。

今、思うといい店だな~って (笑)初心に帰ることもいいかもですね!

週末、VILLAGEA&CO.で お待ちしています!

では!

 

Oct 22th, 2016|Nakamura

MADE IN JAPAN

DSC_1513.jpg
喜びもあれば 悲しみもあったりして
そんな悲しみの渦中にあって 感激もあったり・・・
思えば 30年っていうのは
そんなことを繰り返して経てきたようなことを今になって感じています!笑

今日は MADE IN JAPAN!
寒いですね~
急激に寒くなったような・・・今日ですが
日本製を2点、ご紹介です。

comm.archのクルーネックニットとsontakuのタイプライターBDシャツ。

DSC_1515.jpg
comm.arch(コムアーチ)は小町をもじった日本の美を敬愛するニットレーベルで
こちらのクルーニットは40%RAYON、35%WOOL、20%ANGORA、5%CASHMEREで
バツグンの抱き心地・・・じゃなくて着心地! 汗 な大人のニット。
(大人になってシェットランドじゃモノ足りねえ!って男にオススメです)

DSC_1509 (1).jpg
sontaku(そんたく・忖度)は 相手の心・真意を思い量るっていう意味を持つ日本語(忖度)がブランド名で、
このシャツは タイプライターを打てるくらい 繊細で滑らかで
これも バツグンの抱かれ心地・・・じゃなくて着心地! 笑

DSC_1511.jpg
この2枚を合わせてみたら・・・よくなくなくなくないですか? 笑

2020年TOKYOのロゴマーク発表以来 すっかりネイビーの奥深さにハマッテる自分の選択は
ネイビーのニットに白のシャツ。
一見、アンアンっぽい、若僧の組み合わせに見えるかもしれませんが
色の褪せた ダメージのあるデニムで オトコらしさを 魅せちゃってください!笑

価格は恐縮ですが、2万弱・・・いいニットって こんな感じでも値ごろなんですよ。

MADE IN JAPAN! ぜひ 手にとってご覧ください!

では!


Oct 16th, 2016|Nakamura

SAUCONY GRID SD

DSC_1401.jpg
これもまた 30thにふさわしい製品のご紹介です。

DSC_1332.jpg
VILLAGE歴25年以上の方なら、記憶にあるはずのSAUCONY!
これはGRIDモデルを スムースレザーとスウエードレザーで装って
GRIDらしいネオンカラーも加えています。

履き心地はもちろんですが
オールレザーのGRIDってことで 居酒屋で靴を脱いだときに 思わず、預けるのが心配になると思います!笑
(オールレザーじゃなければ 普通に売ってると思うし)

DSC_1402.jpg
このRIVER DESIGNもしっかりと・・・

DSC_1334.jpg
こんな立派な箱に入って 16000円+TAX!

THANKS 30th anniversary DAYSも今日が最終日!
不老長寿の縁起物! ファイルトート・・・・まだ ありますよ! お待ちしています!

では!

Oct 14th, 2016|Nakamura

CANADIAN SWEATER COMPANY

DSC_1330.jpg

去年の12月にオーダーして、
なんとか ギリギリ間に合った CANADIAN SWEATER COMPANYの30th 別注カウチン!
カウチンっぽくなくて いい感じですよね!?

Bone Sweater-Front.JPG
Bone Sweater-Back.JPG
ネイビーのボデイにミルキーホワイトで、1つのCROSS BONEを10とイメージして 3CROSS BONEで30ですよ。

動物感満載のヴァージンウールが、着ているだけで ポカポカと身体を温めてくれるんです。

カラーはラウンドカラー、フロントは真鍮のジッパーにしたんで
カウチンをスタジャンのように着られます。

DSC_1340.jpg
一番小さなサイズは 女性でも着られます。

IMG_20161013_125326.jpg
もちろん、46サイズもあります!
DSC_1337.jpg
アップが遅れてすみません。
あたりまえですが、各サイズ限定1着の全6着でしたが
東京発送と函館で 1着づつ売れましたので あと4着ですよ。

ぜひ、手にとってご覧ください。

では!

Oct 8th, 2016|Nakamura

駒ケ岳 山本農場さんの ハロウイン おばけかぼちゃ

DSC_1215 (1).jpg
30th anniversaryも終盤3連戦 初日の朝、素敵な品物が届きました!

ハロウイン用のおばけかぼちゃ!

よくくりぬいて、中にキャンドルを入れたりしていますよね?
こちらは ビニルテープで手製の顔をイラストしてみました。

価格もインパクト大の地元価格!
大が2000円、中が1600円、小が1000円(税別)です。

DSC_1218.jpg
いかがですか?

3連休、ヒマな方・・・かぼちゃに 絵を描いてみませんか?笑

VILLAGE一同、3連戦 お待ちしています!

では!

 

Oct 6th, 2016|Nakamura

INVERALLAN(インバーアラン)

DSC_1061 (1).jpg

30th anniversary 記念プロダクトのご紹介も 遅れていて・・・すみません! 急ぎますね。


今日は 久しぶりのINVERALLAN(インバーアラン)
25年くらい前に スゴイ人気でしたよね?
アノ頃は 1シーズンに100枚くらい 仕入れてたから 今の40代なら 結構、持ってるんじゃないですか?
まさに30thにふさわしいかと・・・

DSC_1062 (1).jpg
しかも DENIM YARN(デニムヤーン)なんです。

INVERALLAN(インバーアラン)には 珍しい インデイゴ染めのコットンで編んでます。

DSC_1063 (1).jpg
コットンなんで、初夏や晩夏でも 短パンに合わせて着られるし
もちろん 今時期でも 早めにニットを着たい!って方には タイムリーな1着です。
洗って 色落ちしたインバーアラン・・・妄想してください!笑

価格は30th記念の 57000円+TAX!・・・相場よりも 安いハズです。
ニッターが90~100時間かけて 1着を編むんです。
北海道の最低時間給 786円×90時間でも70740円!
57000円は、納得ですよね? 笑

この秋、コットンのニットも活躍しそうです。
IMG_20160927_221833.jpg

蛇足ですが・・・
INVERALLAN(インバーアラン)みたいな 高額なニットを着るとき
裾からTシャツをのぞかせて、あえて少しハズす。
っていう照れ隠しみたいなのが 自分の美学ですね! 汗!

30th anniversary期間なら 10%CASHBACKになるんだし・・・お早めに!

じゃ 忙しいので・・・では!(笑)

Aug 26th, 2016|Nakamura

VILLAGE GOODS FEATURING [MINNETONKA]

IMG_8069.JPG
・・・で、(笑)
先日、蔦屋書店での3回のPOPUPを終えて。。。と話した 舌の根も乾かない間なんですが、
27日土曜日からの9日間、蔦屋書店で POPUPを開店します。

お盆明けの先週、商社から・・・
「MINNETONKA(ミネトンカ)のPOPUP、できますか?商品は22日に発送可能ですよ。」って電話をいただいて
急遽、蔦屋書店さんへ 満面の笑顔で ご相談して(笑)調整していただきました。

VILLAGEが考えてるPOPUPは 基本、ブランドやスタイルにFEATUREして
函館の皆さんに 首都圏以上の品揃えを 味わっていただきたいっていうのが ポリシーなんで
メーカーさんの 意向に合わせざるを得ません。
もちろん せっかくのメーカー・商社・蔦屋書店さんのご好意に対して
お客様からの反響も 最大限に大きくてお返ししたいし。。。

ってことで
カジュアルは 最後の夏物クリアランスで忙しいし
ウイメンズは 晩夏・初秋が立ち上がって気忙しいこの時期ですが・・・
今、懸命にPOPUP準備に入っています!
MINNETONKA_SHOT-11_183.jpg
今回は
ファミマ側入り口の 入ってすぐのトコ。
ブランドや皆さんに あ!って言わせるような POPUPを考えています。

どうぞ
明日からの週末は
松風町のVILLAGE&CO
桔梗町の蔦屋書店の往復で・・・晩夏・初秋・ミネトンカをお愉しみ下さい!

では!
minnetonka-shoes.jpg
DSC_8435.jpg
DSC_8572.jpg
DSC_9131.jpg
MINNETONKA(ミネトンカ)
1964年 アメリカ ミネソタで生まれた ミネトンカは 
すでに 50年を超える 老舗ブーツメーカーです。
モカシンの代名詞と呼ばれるほどに 
世界中にファンを増やした現在でも
一足、一足 丁寧に作られ
職人による手縫いの工程は製品の味となって
多くのファンを魅了しています。


 

SEARCH

ARCHIEVES

AUTHOR

Yoshinori Nakamura 中村喜憲

Yoshinori Nakamura

中村 喜憲

1986年に開業して現在に至るTOMAHAWK'S LTD. の代表です。開業以来満24年を過ぎ、25年目! あっという間に四半世紀。ようやく次のカタチが見えてきました。TOMAHAWK'S LTD. が目指してきたGreenwich Worldへの軌跡をご覧下さい。

  • VOICE OF VILLAGE
  • VILLAGE'S GENERAL STORE
  • VILLAGE & CO.
  • VILLAGE WOMEN’S DISTRICT

© 2011 Tomahawk's Co.,Ltd. All Rights Reserved
Site by Nandy&NiceBros!